×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    *** マサキ・山陰の旅 ***




  2007年9月26〜28日。
  
  「飛行機に乗ってみたい!」という友人と山陰に行きました。

  どうせ(苦手な)飛行機乗るなら、電車じゃ行きづらい所!
  って事で、憧れの鳥取砂丘〜境港の2泊3日です。
  お供は、やはりマサキです。

  「♪つきの〜砂漠を〜・・・」
  砂漠じゃないんだけどね・・・。









  いや〜、それにしてもすごいトコでした。
  青い空と海。そして砂砂砂・・・。
  「広っ」とか「デカッ」とか「暑っ」とかしか言葉が出ない。
  大きいものを目の前にすると、頭ボ〜っとしちゃうね。
  










  ま、ボ〜っとするのが目的だったんでいいんです。
  海のほうまで降りて、思う存分ボ〜っとしました。

  「ははは、捕まえてごらん♪」
  マサキだけ元気です。
















  2日目は松江から一畑電車に乗り、出雲へ。

  のんびりとしたローカル線。
  地名が難しい字ばっかで、全然読めなかった。
  美談(みだみ)とか、秋鹿町(あいかまち)とか。
  駅名キーホルダー買っておけばよかったかな。
  








  出雲大社!!

  縁結びで有名ですね。
  出雲に来る人は「出雲に呼ばれる」と聞きますが
  あたしも呼ばれたんでしょうか。
  つかもう、本当に頼みます。
  
  「大丈夫、お母様にはちゃんとご挨拶するよ」
  マサキ、うるさい。






  しめ縄?
  本当にすっごい太い。
  でも、思っていたより小さかった。長さがないからかな?

  お金がいっぱいささってた。
  もちろん、あたしも投げてさして来た。
  ・・・前の人のお金がパラパラ落ちてきた。
  (も、もちろん、お賽銭箱に入れておいたよ!)










  お昼は、出雲蕎麦〜♪
  甘皮がついたまま製粉するんだって。
  味が濃い・・・気がする?(訊くなよ)


  「美味しければ、何でもいいさ」
  そうだね。









  松江に戻ってきました。
  こちらは、八重垣神社。ここも縁結びの神社です。
  縁結びはしごです。
  必死な感じです。













  鏡の池と呼ばれる池に、占い用の和紙に
  コインを置いて浮かべ、早く沈めば願いが叶うとか。
  もちろんやった。
  浮かんだ文字にも「もはや神頼み」と書かれておりました。
  それなりの時間で沈みましたが、早いのかはよく分からん。










  砂丘で張り切りすぎ、リタイヤした友人を置いて
  松江城も行ってきました。
  お城は見たいよね。
  バスの時間が迫っていましたが、とりあえず登った。
  そして、急いで降りた。
  ・・・つ、疲れた。










  何で急いでるかって言うと、船の時間があるのです。
  
  宍道湖の夕陽に合わせた、サンセットクルージング〜♪
  すごい綺麗だね〜マサキ!
  「♪ギンギンギラギラ夕陽が沈む・・・」
  うん。
  あたしも同じ歌、浮かんだよ・・・。









  上手く撮れないな〜。
  でも水面に映る夕陽もとても素敵でした〜。
  
  「♪ゆ〜う〜やけ〜、うみの〜ゆうやけ〜」
  マサキはまだ歌ってる。
  しかもザ・スパイダース。古すぎます。海じゃないし。











  夕陽も綺麗だったけど、周りの空もとてもいい感じ。
  砂丘に続き、大きなものの前でボ〜っとしました。
  





















 おまけ
 砂丘でマサキとツーショット♪
 「ホラ、早く来いよ〜」
 「待ってよ〜いじわる〜」







次を見る

戻る